フロスバンド【ハンドブック&キャリーバッグ付】筋膜リリースツール ブルー

フロスバンド【ハンドブック&キャリーバッグ付】筋膜リリースツール ブルー

¥2,900

海外ではメジャーリーガーやプロアスリートスポーツ選手に人気の商品です。
既にアメリカのスポーツ界では定番となっており、選手の日々のケアに大活躍しています。

フロスバンドとは天然ラテックス製のバンドを腕、肩、肘、膝、腰などに巻いて圧迫し、軽度の運動を行いその後一気に開放することで、血液の流れを促進し、関節の動きを良くしたり、痛みを減らしたりして、運動パフォーマンスを高めてくれるツールです。

高耐久性・高品質の99.9%天然ラテックスゴムを使用。ラテックスアレルギーの原因となるラテックスタンパク質を99.9%以上カット!※ラテックスアレルギーをお持ちの方は購入をお控えください。

効果としては、筋膜リリース効果・柔軟性を向上し、可動域を広げる・筋パフォーマンスの改善・怪我の痛みを軽減し、回復を早める・倦怠感や違和感の改善・BFRトレーニングにも使用可能などなど多岐に渡ります。

●【商品仕様】キャリーバッグ付き。バンドの種類は4種類。
・GREEN(一般成人向け)-全長約208cm 横幅約5cm 厚さ約1mm
・BLUE(筋肉量の多くないアスリート向け)-全長約208cm 横幅約5cm 厚さ約1.2mm
・BLACK(筋肉量の多いアスリート向け)-全長約208cm 横幅約5cm 厚さ約1.5mm
・PURPLE(腰など広範囲に巻きたい方向け)-全長約350cm 横幅約5cm 厚さ約1.5mm
パウダーフリー。厚さは運動量、筋肉量により選択してください。感じ方は人ぞれぞれですが、強い効果を得たい場合はより厚い商品をお選びください。軽量コンパクトなので持ち運びにも便利です。

登山、クロストレーニング、ランニング、サイクリング、マウンテンバイク、ヨガ、ウェイトリフティングなどの関節を酷使しがちな様々なスポーツを楽しむ方に最適です。

 

 

 

 

 

 

■フロスバンドの使用方法
使うタイミングは運動前のウォーミングアップや、運動後のリカバリーやコンディショニングとして使う。

①心臓から遠いところから、心臓に近い方に向かって巻く(末梢から中枢へ) 。
基本的に人に巻いてもらうことを推奨。

②最初にアンカーとして1週巻く。これでしっかり力をいれて引っ張っても動かなくなる。巻くときは50%(1.5倍)の長さにバンドを引っ張り伸ばしながら巻く。
怪我の直後などは30%程度の強さで様子を見ながら巻く。

③フロスバンドを半分ほど重ねながら巻く

④巻き終わりは、最後に巻いたバンドの内側に入れて動かないように止める

⑤フロスバンドを巻いた状態で、自動運動と他動運動(マッサージやストレッチ)を2分間行う

⑥フロスバンドを一気に外し、自動運動と他動運動(マッサージやストレッチ)を2分間行う

⑦上記を2~3セット行う(最大5セットまで)

※他動運動とは、自分や他人の手などによりバンドをねじったり、外的な力で動かすことです。
※自動運動とは、ストレッチや腕立て伏せなど、自ら力を入れて動かす運動です。
※強く巻きすぎたり長時間行うと危険です。巻いている時間は最長2分にするようにしてください。
フロスバンドの厚さは3種類あり筋量、脂肪量、感覚の感じやすさによって選択してください。